奈良県大和高田市での新築・リフォームの事なら有限会社奈良アシストにお任せ下さい。

G-HOMEの家づくり

G-HOMEの再流通できる家づくり


「日本の住宅の平均寿命は約30年」という調査結果があります。

約30年で建て替えるという事は、住宅ローンを払い終わる前に、再度ローンを組むことになります。

これでは一生、住宅ローンの奴隷のような人生を送る事になりかねません。

家づくりの不安要素である住宅ローン金利上昇消費税率のアップなど、これからのリスクを考えた住生活提案が絶対条件です。

エコポイントなどの支援制度と相反して、日本人がそれなりの所得があるにもかかわらず豊かな人生を送る事ができない事実は大きな問題ではないでしょうか?

家族の幸せの実現のために家を建てても、結果として不幸な家づくりを強いられている現実に直面します。

このような状況を解決するには、住宅の長寿命化と資産価値のある”再流通できる家づくり”を進めていく事が大切です。

 

家族の同居時間を考えた家づくり

家をつくる時、家族の同居時間(年数)を考える必要があります。

たとえば、建築時に小学校4年生の第一子が県外の大学に通学をする場合、わずか8年の同居。小学校2年生でもわずか10年の同居です。

家族構成やライフスタイルが変化すると、空き部屋、死に部屋が増えてしまい、結果的に建て替えという事になりがちです。

所得が増えにくい現在、土地価格と建物価格のバランスが崩れてしまい、住宅ローンの支払いが困難になり、離婚率が上昇するなどの社会問題になっています。

新築住宅を所持した家族のカードローンの借り入れ比率は急上昇しています。競売物件に築10年未満の住宅が増え続けているのは、「身の丈以上の価格の家をつくってしまう」からです。

 

本当に「資産価値のある家」とは


身の丈以上の価格の家をつくってしまうのは、プランニングの間違いがそもそもの原因です。

自分たちの理想の家造りにこだわるあまりに、普遍性に欠けるプランになりがちなのです。

一級建築士たちは「作品」重視、施主の満足だけを考えたプランニングをします。

本来、家は固定資産といういつでも「金」と交換できる価値を創生しなければなりません。

マンションが早く売れるのは「売りたい時に売ることができる資産」だからです。

しかしながら、一戸建て住宅の場合、不動産知識を持ち備えない建築士やデザイナーの提案力ではその価値を創生できない資産になりがちです。

資産価値のある”再流通できる家”とは、より多くの人が「暮らしやすい」と感じる家であり、中古流通できる家、再販できる家である事が必要です。

こだわりのプランは、わずかな期間、建て主の自己満足は充たしてくれますが、再利用しにくい分、個人資産としても社会資産としても、価値が低いという事になりかねません。

建物だけしか考えない、外構やエクステリア、カーポートなどの無い砂利を敷き詰めただけの家づくりになるのは、再流通という「社会責任」を果たしていない無責任な家づくりなのです。

 

G-HOMEの誇り

2013年、10数社のビルダーたちが「再流通できる家づくり」を目的に「クラシャス」を旗揚げしました。

「もし、住宅ローンが払えなくなったらどうしよう?」と言われたら、「売りたい時、住宅ローンの残金で売ればいい」と、言えばいい。

「もし、主人が転勤になったらどうしよう?」と言われたら、「毎月の住宅ローンの支払い額に維持費を足してで賃貸すればいい」と、答えればいい。

こうした安心できる資産価値のある家づくりをすることこそが、私たちの誇りなのです。